ピーリングジェルの使用頻度

ピーリングジェルは皮膚に残った角質や汚物を取り除くスキンケア道具ですが、どのくらいの頻数で使用すると効果的でしょうか。米国などの外国で使われているピーリングジェルは、一度使用するだけで皮膚に変化が現れるといわれています。日本で使われているピーリングジェルはフルーツ酸が混同されていますが、これは何度か続けて使用しなければなりません。この使い方は、皮膚への負担をできるだけ抑えながら、ピーリングを効果的に行うためなのです。日本のピーリングジェルは穏やかにピーリング作用が働くので、使用するのはただただ洗顔のときです。ターンオーバーを整えてあげるような使用方法がベストです。ピーリングジェルをどんな頻数で使うか、それはその物品により週に1度だったり毎日だったりします。使用方法をしっかり読めば、適切な使い方がわかるでしょう。ピーリングジェルを選ぶ際には、ph(ペーハー)に気をつけて比較した方が良いでしょう。皮膚科で利用されるケミカルピーリング剤のphは1~2です。自宅でのピーリングに使う場合は、ph4~5くらいのものを使うと安全だといわれています。ピーリングジェルのph値が低く高濃度である場合は、使用に際し危険が伴うので、安易に購入するのはやめましょう。

球技系のダイエット運動が話題

球を使って行う球技運動もダイエットにいいようです。矩形のコートを二分してボールを追いかけてラケットで打ち返す庭球は、運動競技の中でも全身の運動が重大なダイエット効果の高い球技といえます。年代、性別を問わず、愛好者が多く、年配の方でも長年続けている人の多い球技系のダイエットトレーニングです。庭球ほど激しいスポーツはしませんが、ゴルフも運動効果の高い球技といえます。ゴルフのダイエット効果は、球を打ちながら長い間隔を歩くことから発揮されます。これにより心肺機能の増加や足の筋肉の運動が見込みできます。景色を見ながら歩くことでストレス発散にもなり、ストレス解消や気分転換にも役立ちます。バランスボールと呼ばれる柔らかめの球を使ってエクササイズをする、バランスボールダイエットも有能です。ボデーの釣りあいを取りながら、バランスボールという弾力のある球の上にお尻を乗せたり体重をかけたりします。不安定な球を使い転がらぬよう、落ちないよう気を配らなければならないので、色々な部位の筋肉を使います。バランスボールのトレーニングで使う筋肉は、意識して鍛えないとなかなか鍛える機会のない部分です。球のゆらゆらとした動きに合わせてゆったりと体を動かすことで、ダイエットだけでなく筋肉の凝りがほぐれ血流がよくなる効果も期待でき、健康増進効果もあるのです。ピンポン、バドミントン、蹴球、排球などもダイエット効果の高い球技運動競技です。運動のためや趣味で始める人も多く、盛んに行われています。